読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと未来

色々作って、色々書きます。最近はOculus Riftでメーヴェ風フライトシミュレータ作ってます

Google Cardboard SDK for Unityでスマホ用VRを作ってみる

android Oculus Rift

この記事はOculus Rift 2 Advent Calendar 2014 - Qiita 20日目の記事です。

f:id:wasan:20141220092459p:plain

先日Unity用のGoogle Cardboard SDKが公開されました。

早速試してみたところ、とても簡単に(!)導入出来ました。
まだ日本語の記事がなかったので、簡単に導入手順を書いてみたいと思います。

公式ドキュメントはコチラ

Oculus Riftはもちろん素晴らしいけど、手軽に体験するって意味でCardboardやハコスコもいいチョイスだと思います。 「Oculus Riftで何か作りたいけど、ちょっと高いし...」「まだOculus届かない〜」 って人にもちょうどいいと思います。

用意するもの

いざ作ってみよう♪

適当なSceneを作る

新規プロジェクトに適当なSceneを作ります。
とりあえずユニティちゃんを表示してみます。なんちゃってユニティちゃんLIVE、しょぼい(笑)

f:id:wasan:20141220090932p:plain

Google Cardboard SDKをインポート

先ほどダウンロードしたSDK(CardboardSDKForUnity.unitypackage)をダブルクリックして開いてるプロジェクトにインポートします。

ステレオ画像にする

一番のキモ、”ステレオ画像にする"は超カンタンです。
インポートした Cardborrd > Scriptsから StereoControllerをMainCameraにアタッチします。

f:id:wasan:20141220090835p:plain

そしてプレイしてみると、なんと!これだけでステレオ画像になってます♪

f:id:wasan:20141220091211p:plain

MainCameraにSkyboxを使ってる場合は、SkyboxMeshスクリプトもアタッチしておきます。Skyboxも視差画像になります。

実機ビルド

File > Build Settingsで設定ダイアログを開きます。

PlayerSettingボタンをクリックして、以下の設定をします。

  • default orientationを“Landscape Left”にする

f:id:wasan:20141220091930p:plain

  • Bundle Identifierを設定(例: com.example.CardboardUnityDemo)

f:id:wasan:20141220091936p:plain

そしてbuildすると.apkファイルができるので、android端末にコピーしてインストールしましょう。 実機でも動きました!上下左右を見ると風景も変わります。

f:id:wasan:20141220092245p:plain

他にもonGUIで描いたGUIパーツをステレオ化するスクリプトなどもあるようですが、
こちらは未確認です(^_^;) 既存のアプリをVR化するのに便利そうですね。

Advent Calendar、明日は...まだ空いてるようです(^o^;)
Oculus Rift 2 Advent Calendar 2014 - Qiita